平成17年1月26日掲載
いつもと違う空気。
このエネルギーがあなたのうちに秘められた「体力」「気力」を引き出し、
「技術力」を高めます

第44回 級段位審査会が無事終了しました





         実 施 要 領

実 施 日: 平成16年12月23日(木)
時    間: 1部;11:50~13:10
2部;14:45~16:05
会    場: 中央区立総合スポーツセンターB1 第2武道場

         受 審 者 の 内 訳

受審申込者数: 総数:71名
:1部;児童の部:6名
:1部;一般の部:35名
:2部;一般の部:30名
受審者総数: 63名        認定者総数: 49名


総        評

大きな決心も、小さな決意の積み上げ

平成16年12月23日(日)、第44回級段位審査会が無事終了しました。

毎回審査会を重ねていく過程を通して、受審者一人一人の、その人なりの変化や成果を見させていただいて、感じることがあります。

常に自分を成長させたいと願い、進歩する自分を信じ、大きなテーマを課し、確かな前進を望む人がいます。それ自体は、素晴らしい心がけです。
しかし、それがあるとき、まるで、大きな岩を押し転がそうとして、その人の足が地面を滑り、空回りしているように見えることがあります。
もちろんそれでも、その努力は大変なものです。
がゆえに、この汗は、本人を、「こんなにがんばっている」という満足感に浸らせてしまう、麻薬にすらなりかねません。

一方で、さほどの力みもなく、何度か回を重ねるうちに、
「ああ、この人は、こんな風に歩いているんだな・・・・・」
と、その足跡、成果をもって、その人の心の置き所、方向、芯の強さを、いつの間にか、気が付かせてくれることがあります。

人間の前進、成長、進化というものは、大きな志、大きな力が必要なように思われがちです。
しかし、現実の審査会での、皆さん個人の変化、自ずと表れる進歩は、多くの場合、それよりも、今、目の前にある、もっともっと小さな事柄への小さな意志、小さな勇気、小さな心がけの、積み上げのように見えるのです。

あなたが、かっこいい正拳突を自分のものにしたいと、願っているとします。
そのときは、迷わず、
「前をしっかり見る」「爪先を正しい方向に決める」「体重をしっかり移動する」「拳をきちんと握る」「引手をしっかり取る」
そういうことのどれでもいい、自分にできる小さなことの一つに、気持ちを落ち着けて、集中してください。

私たちは、大きな決心は、なかなかできません。したとしても、それがが身についたり、実現するまで、なかなか根気が続かず、すぐに崩れてしまいます。
でも「小さな決意なら、実行も可能」です。
そこから始めましょう。そして、それを積み上げていきましょう。
毎回の審査会を通して、何人かの受審者が、そういう風に私たちに語りかけています。

                                                           リズミック・カンフー創師 岸 俊和





本ページのTOPへ戻る