岩戸教室主催「RKミニ講習会」無事終了




岩戸教室主催のミニ講習会が、以下の要領で開催され、無事終了しました。
今年で第四回目を迎えた本教室主催のミニ講習会でしたが、今回はやって楽しめて、さらに見る楽しみもありました。


岩戸教室の皆さん。向かって左より「防御法」「調息法」「攻撃法」に分かれて「桃源郷」発表


日時: 7月2日(火)  11:15〜12:45
講師: 橋本 明美(正師範  四段)
テーマ:

RKをよりカッコ良く動くには「振り向き!」

特別企画: 1.岩戸教室会員による「桃源郷」発表
2.横須賀教室、佐藤 幸子さん(35期生・二段一志)、広木真知子さん(43期生・二段二志)、
     田邉 久美子さん(60期生二級・一志)による「桃花拳第一」「桃花拳第二」発表
3.米津 安子、橋本 明美両四段による模範演舞「少林Temple Classic)

ミニ講習会を終えて

大泉 聡子さん(56期生)

7月2日、岩戸教室主催のミニ講習会が行われました。毎年恒例となっているミニ講習会ですが、今回は今までにも増して盛況、かつ充実したものとなりました。
橋本先生、米津先生、横須賀教室より5名、鎌倉教室より2名、9名の方をお招きしました。



ハーイ皆さん!今日のテーマは振り向きですヨ〜!
当日は、少し蒸し暑く、橋本先生から
「今回は首にタオル巻かないんですか?」と聞かれ、
「もう少し暑くなったらみんな巻きます」と答える一幕もあり、終始なごやかなムード。
実は岩戸教室は市の体育館を借りているため、夏は倒れそうになるほど暑く、冬は震えながら(?)レッスンしているのです。


まず、橋本先生のご指導により、いつもやっている運歩法や桃源郷などでの、“結期”を中心とした「振り向き」を、わかりやすく教えていただきました。今まで意識せずにやっていた部分ですが、今後のレッスンで橋本先生の言葉を思い出しながら、意識を高めて行けると思います。

次に、私たちが練習を重ねてきた桃源郷を、先生はじめ皆さんに見ていただきました。
三つのグループに分かれ、攻撃、防御、調息をそれぞれ同時に行いました。

そして今回、“見てもらう”事がどれほど大切な事かを強く感じました。緊張もしますが、今日のために真剣に皆で取り組むことができて、必ず今後のレッスンに大きな意味をもたらしてくれると思います。


[振り向き四景]

前進前屈の終わりに・・・

両掌底押のときも・・・

足刀蹴のときも・・・

桃源郷の「打払受」も・・・

「桃源郷」発表風景

そして、横須賀教室の三名の方による「桃花拳第一、第二」を見せていただきました。
その華麗な身のこなしに、先輩とはいえ同じ会員であることに驚きを感じ、無言のうちに『あなたたちも一生懸命やればできるようになるわよ』と励まされている気がしました。
横須賀教室
広木真知子さん(43期生・二段二志)
佐藤幸子さん(35期生・二段一志)
田邉久美子さん(60期生・二級一志)
による「桃花拳第一、第二」

最後に、橋本先生、米津先生の“少林テンプル“。
ダイナミックで、ピタリと息の合った動き、型の美しさに私たちはただ呆然とするばかり・・・。初めて演舞を見ることができた会員も多く、驚きと感激の嵐、といった感じでした。
米津 安子(4期生・四段)
橋本 明美(7期生・四段)
による「少林テンプル」

双子みたい!と言われるほど、ピッタリ息が合って・・・

二人の帯の揺れに注目!

究極の「振り向き」・・・?

「ヤァー!」やっぱり最後はこれで決まり
非常に充実した贅沢な内容のミニ講習会でした。
橋本先生、米津先生、須磨先生、本当にありがとうございました。そして、横須賀教室、鎌倉教室の皆さんにはいろいろ助けていただき、ありがとうございました。
最後に、「今度は絶対須磨先生の演舞も見せてください!」との強い要望もありました。
機会がありましたら是非お願いします。





本ページのTOPへ戻る